人が汗をかくのは自然現象であり、健康でもある証です。
血行が良くなり、免疫力アップにもつながります。
けれど、なるべく汗をかきたくないのが本音です。

汗をかいていると緊張していると思われたり、相手に汚いと言われることも考えられるからです。
そんな中でも、手汗は厄介なものになります。

握手を求められた際に手汗だらけだったらとても恥ずかしいです。
また、携帯やタオルなどびしょびしょになったら困るのは自分です。

 

手汗は一種の病気であり、自律神経の乱れが関係しています。
そんな手汗を抑える対策法がいくつかあります。

リラックスすること

1つ目は、リラックスすることです。手を握るという行為が神経を過敏にさせ、
自然と汗が噴き出してしまいます。

 

握ることに関してあまり気にしなければ、気分が和らぎ精神が安定します。
寛容な気持ちは、体のすべての神経を落ち着かせる魔法の薬です。

ミョウバンがいいらしい

2つ目は、ミョウバンを塗ることです。漬物のアク抜きなどで知られるミョウバンは、殺菌作用や制汗作用もあります。
スーパーやドラッグストアにあるので、制汗剤と合わせて使うと効果的です。

 

しかし、手がかぶれる危険性があるのでミョウバンは必ず薄める必要があります。
手汗は病気ですが、誰もが汗をかきます。考えすぎると、かえって汗をかいてしまいます。

やっぱり手術かも?

完全に止めるには手術が必要ですが、手汗のためにそこまで出来るかは人それぞれです。
普段通りに生活して、少しの対策を練れば手汗を心配する日もいずれなくなります。