手汗に気付いてから悩み続けた毎日

まず私が人より手汗が多いと気付いたのは、学生の頃に仲の良い女の子同士でふざけて手を繋いだりする事が流行りました。その時、友達から「ちょっと◯◯ちゃん、手がビチョビチョだよ!笑」と言われ、その時は「今、走ってきたから汗かいちゃった!」と言いましたが、モチロン走ってもなく、手以外はまったく汗をかいてない状態だったのでその時に初めて手汗が出てる事に気付きました。

それからは常にハンカチを持ちながら行動し、ハンカチを忘れてしまった日は軽くパニックになり学校を遅刻してもコンビニで買って行く程でした。

それから社会人になり、事務の仕事に就きました。主な仕事は電話対応だったのですが、そこでもまた問題が起こりました。長電話になると受話器を持つ左手から、汗がポタポタと垂れてくる程になってしまいました。

でもそんな状態を会社の人に気付かれたくなかったので、タイミングを見て受話器を持ち替えたり肩に挟んで、その間に手を拭いたりとしていましたが、電話に集中出来なくなっていました。

手汗の解決方法は

このままでは、仕事にも支障をきたすと思い色々と調べたところ手術で神経を切断すると汗が止まる!という方法が目に留まりました。正直、手術でも何をしても手汗が止まれば何でもいい!と思っていたのですが、他の方法を試してみてそれでもダメだったら最終的に手術を検討しよう、と思いました。

 

そこでまず試してみたのは手汗を止めるツボでした。仕事中でも掌のツボなら誰にも気付かれずに押せるので、気付いたら刺激する様にしていました。それを続けて3週間位してから、電話中の左手からのポタポタ汗が出てない事に気付きました!物凄く嬉しかったので、それからも毎日ツボ押しは続けました。

 

それと同時にコーヒーを飲む回数も減らしていました。手汗の原因を調べた時にカフェインもあまり良くないと書いてあったのですが、当時の私は1日5杯以上はコーヒーを飲んでいました。なので、お昼休憩の時に1杯飲むだけにして、それ以外は飲まない様にしていました。大好きなコーヒーでしたが、手汗のストレスを考えれば我慢出来ました!
その生活を続けていると、以前の様に手汗が気になって集中出来なかったり、一日中手汗の事を考えてる様な事は無くなりました!まったく手汗が出ていない状態ではありませんが、気にならなくなった事で随分気持ちが楽になりました。

実はストレスも原因の1つの様で、今までは手汗の事ばかり考えていてそれがストレスになっていたので悪循環になっていたのだと気付けたのも良かったのだと思います!

この先手汗がなくなったら

やりたい事が2つあります!

 

 

1つ目はやはり、好きな人とずっと手を繋いでデートしたいです。今は、相手もわかってくれてるので出来るだけ手を繋がない様にしてくれていますが、サラサラな手になれたら自分から手を繋いで相手をビックリさせたいです!!

 

もう一つはカラオケで思いっきり楽しみたいです!今は一曲歌うとマイクがビチョビチョなので、指先だけで持ったりハンカチを挟んで持ったりしてるので、思い切りマイクを握り締めて熱唱したいです!