頭汗は小さな子供がかきやすく、大人の場合は運動を行ったり、夏の暑い時期に外出したりすると頭から多くの汗が流れ出ます。拭いても拭いても流れ出ることが多く、帽子をかぶっている時は帽子のつばの部分が変色してしまうこともあります。

頭汗対策3つ

頭汗は健康な状態であれば通常起こることです。ですが、見た目にも悪く、さらに暑さを感じてしまうので、仕事をしている時は特に気を遣います。
頭汗を効果的に止めるには大きく3つあります。

食事で頭汗対策

まず一つ目は体の内側から改善していく方法です。汗は食べ物によって出方や臭いが異なります。脂質分や香辛料、ねぎのようなにおいのあるものを食べた場合は汗も出やすく汗臭も強力です。汗を抑えるのは炭水化物ですので、夏の暑い時期でもしっかりと食べるようにしましょう。炭水化物はごはんやパン、麺類が当てはまりますが、ガムや砂糖、おもち、さつまいもにも含まれています。なお、肉類や乳製品などのたんぱく質を多くとりすぎてしまうと熱を発生しやすくなり、汗をかきやすくなります。

ツボ押し

二つ目はツボ押しです。汗を抑えるツボは腋の部分にあります。乳首から4㎝ほど脇の方に進めたところにあるのでかるく押してみましょう。

保清

三つ目は汗がでたら丁寧にふく、シャンプーをしっかりと行うということがあげられます。やはり、汗は出たらすぐに拭くのが基本です。汗をかいたままにしておくと雑菌がつきやすく、臭いの原因となってしまいます。見た目にも良くないので何枚かガーゼタオルを用意し、汗が出ていなくても1時間に数回は拭くようにしましょう。